Menu

国内販売実績No.1ブライズメイドドレス通販なら、ブライズメイドドレス専門店エクラへ

ブライズメイドとは

ブライズメイドとは? ブライズメイドという言葉、知っていますか?

耳にしたことはあるけれど意味は知らない、
具体的には何をするのかが分からない、そんな方も多いと思います。

花嫁の引き立て役?

そんなことはありません!新郎新婦もブライズメイドもグルームズマンも、
一人一人が主役なのです。

ブライズメイドとは、大切な人の晴れの日を一番近くでお祝い出来る、
とても重要な役割なのです♥

ブライズメイドの始まり

ブライズメイド文化が日本に浸透してきたのはここ数年のことですが、欧米では古くからの結婚式の習慣となっています。

ブライズメイドのルーツには時代背景、宗教 、カルチャーなどから見て様々な説があるそうですが、一説によるとローマ時代初期に花婿の村へ嫁ぐ花嫁に付き添わせ、持参金を狙うものやライバル・求婚者達から花嫁を守る盾のような役目を持って始まったとか。

結婚式の場には悪霊が寄ってくると信じられ、そこで10人のブライズメイドとアッシャーを花嫁・花婿と同じように着飾らせ一体誰が結婚するのか分からなくするための目くらましの役として広まったのです。

特に昔は、ブライズメイドの数が多ければ多いほどステータスがあるとされていたようです。

現代のブライズメイド事情

ブライズメイドは伝統的には未婚の女性が務める役目なのですが、最近では欧米でも未婚・既婚問わず、マタニティのブライズメイドドレスも販売されています。

基本的にブライズメイドの人数は2人~10人の主に花嫁の友達・姉妹・親族が務め、その内1名がMaid of Honor(メイド・オブ・オナー)としてブライズメイド代表の立会人となります。
場合によっては花嫁様のご姉妹一人だけと言うことも珍しくありません。

メイド・オブ・オナーに選ばれると言う事はとても名誉なことで、結婚式に関する準備を色々手伝ったり、披露宴でスピーチをしたり、花嫁に精神的なサポートを行ったりします。

しかし、日本の場合は特にメイド・オブ・オナーを立てず、代わりに式場のプランナーさんと相談しながら独自のスタイルでブライズメイドウエディングを行われる方も増えているようですね。

ブライズメイドウエディングのススメ

Step1.
ブライズメイドを頼みましょう

欧米の結婚式では結婚が決まったと同時に考え始めることは、誰をブライズメイドに頼むか、と言うことです。

基本的に海外の結婚式は式場からケーキ・カメラマン・ブーケ等、自分で手配することが多い為、婚約から結婚式まで1年以上かけることが珍しくありません。
一人では大変な準備をブライズメイドに手伝って貰いながら、一緒に結婚式を作り上げて行くのです。

日本ではプランナーさんがお式をお手伝いしてくれる場合が多い為その限りではありませんが、ご結婚が決まったらまず、ブライズメイドを誰に頼むか決めましょう!
もちろん、親しい姉妹・親友の1人にお願いするのも、高校・大学時代からの友達グループに頼むのも、決まりはありません!

Tips. ドレス代は誰の負担?

ブライズメイドを頼む際、頼む側も頼まれる側も初めての経験と言う事が少なくありません。
そこで良く尋ねられるのが、「ドレスの代金はどちらが負担すれば良いのですか?」と言う質問です。

長年ブライズメイドウエディングをお手伝いしてきた経験から見ると、日本の場合は「提案した側」が負担する場合が多いように感じます。

新婦様からのプレゼント・もしくはブライズメイドの各自負担と半々の場合が多く見受けられますが、もちろん全てにおいてその限りでは御座いませんため、ご参考になれば幸いです。

Step2.
ブライズメイドドレスを選びましょう

ブライズメイドウエディングをプラニングするに当たり、決めておきたいのはテーマカラーです。必ずしも必要ではないのですが、会場の雰囲気やブーケの色等を決める際にテーマカラーを何色か決めておくとイメージがしやすいと思います。

イメージのカラーが決まれば、ドレス選び。ブライズメイド各々でドレスを選ぶ場合は、デザインは違っても新婦のイメージカラーを聞いておくと、統一感が出ると思います。

ブライズメイドドレスは出来れば挙式の3ヶ月前には決めておきましょう!

体型によってはドレスのお直しが必要となってくる場合も御座います。
挙式ぎりぎりになると新婦様もお忙しくなってしまう為、ドレスはなるべく早めにオーダーし、事前にブライズメイドの手元に渡るようにしておきましょう。

>>ブライズメイドドレスの選び方を見る

Step3.
グルームズマンはどうする?

Gloom’s man(グルームズマン)とは

男性側の立会人をBest Man(ベストマン)と呼び、メイド・オブ・オナーと同様に新郎側のサポートをする役目を受けます。
ベストマン以外の人をGroom’s Man(グルームズマン)と呼ぶのですが、日本ではUsher(アッシャー)と言う呼び名も同様に使用します。

しきたり的にはブライズメイドとグルームズマンを同人数揃えるのですが、日本のウエディングの場合はブライズメイドのみと言う形も多く取られています。

男性側の服装は基本的にスーツにブライズメイドドレスとお揃いの色のネクタイor蝶ネクタイ、更にポケットチーフもあれば揃ってしまうので、新郎側のご友人・ご兄弟に頼んでみるのもお勧めです。

>>グルームズマンのアイテム

Step4.
ブライズメイドの役割とは

欧米ではウエディングドレスを新郎に当日まで見せないという習慣がある為、ブライズメイドの役割はは花嫁のドレス選びから始まり、結婚式準備・精神的なサポート、当日はウエディングドレスの着付けを手伝ったりと、大切なアシスタントとなります。

日本の挙式の場合は介添え人さんがいる場合が多い為、プランナーさんと良く相談することが必要だと思います。

ブライズメイドは結婚式で指輪をはめる際にブーケやグローブを持ったり、ベールやドレスの裾を整えたりと花嫁が動きやすいようにサポートをします。

また披露宴や二次会の受け付け等、気心の知れた友人だからこそ頼めることも多いですね。

一番気をつけなくてはいけないことは、ブライズメイドとしての役割と共に結婚式の進行を把握すると言う事です。当日に何をしていいかわからなくて困ってしまう、と言う事態を避けるために段取りを把握して気持ちの良い結婚式を作り上げましょう!

>>お客様フォトギャラリー